サイズや内容などを考慮する

広告

チラシ配布するにあたってはある程度手順を踏まえて行います。チラシの原稿内容は集客のための重要な要素になります。ターゲットを定め、チラシを見た人に起こしてほしいアクションを考えましょう。新聞折込チラシならB4サイズ以下にすることが必要です。B2サイズやB3サイズなら、折られた状態のデザインも考慮します。デザインや表現に関しては一定の規定が設けられています。広告主や住所が分からなければ、受け取った人も情報を知ることができません。チラシ配布そのものができないケースもあります。景表法・薬事法・公序良俗に反した広告も問題とみなされチラシ配布は不可能です。コストを把握して印刷したら埼玉のチラシ配布業者に納品しましょう。メディアによって納品期限が違うので、チラシ配布日から逆算して進めていきます。

従来の配布方法

郵便物

従来のチラシ配布の方法として現在も使われているのが新聞折込チラシです。休刊日以外は情報を受け取り出来ます。当日の朝刊にセールやイベントの情報を盛り込めば来店を促す効果が期待できるでしょう。家庭に配布されるのでじっくり読みつつ保管もしてもらえます。決まった曜日にチラシ配布すれば認知度もアップし、リピーターを呼べます。埼玉で、ターゲットが多いエリアや時間帯を狙うなら街頭で手渡しするのもありです。サンプルなども一緒に渡せるので手に取ってもらいやすいでしょう。ノベルティーはチラシ配布とは別の料金がかかります。ポケットティッシュ1万個なら3万円前後必要になります。イベントや商品などをアピールしターゲットの行動に影響を及ぼすでしょう。

新しい配布方法も増えている

男女

最近よく増えているのが埼玉の各家庭にチラシ配布する「ポスティング」です。手に取ってもらいやすく気軽な方法です。ファミリー層やシニア層など特定のターゲットに配布できます。一緒にサンプルも配布できる自由度の高さが特徴です。最近ではポスティング禁止のマンションも増えているのでその点は注意しましょう。ポスティング可のマンションか忘れず調べることをおすすめします。小売店では購入した品が入った袋にチラシを同封して渡すことも立派な配布です。埼玉のスーパーコンビニ、書店など業種を問わず配布できます。これなら他社のチラシに埋もれず直接訴求が可能な点が魅力です。お店の来店者数でも成果は違ってくるのでお店のリサーチも行ってください。新聞を購読していない人がチラシを見るには電子チラシの方法があります。興味のある人が能動的に情報を受け取るため、従来より行動に繋がりやすくなっています。配布される効果や閲覧数を数字で確認できてスムーズに集客効果を高められるでしょう。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3